アボカドと言えば、栄養素が豊富でとろけるような食感が魅力的な食材で、種は種茶にしたりなど、使い道も豊富になる食材ですね。

ですが、なんとアボカドを中トロの味にするやり方があるとか?

中トロと言えば、とろけるような食感で脂がたっぷりマグロの王様が有名ですね。

では、アボカドを中トロにするやり方を見ていきましょう。

アボカドを中トロの味にするには?相乗効果が原因?

アボカドを中トロの味にするにはアボカドを醤油につけて食べる方法があります。

中トロは口でとろける食感と、マグロの生の香りと醤油の風味が合わさってできる味わいが特徴ですね。

同じくアボカドのとろける食感と、青っぽい香りを醤油の風味で包みこむ事により似た味になるといわれています。

使用するアボカドは硬い物よりも少し弾力はありながらも、押せば少し柔らかいかなという程度の物がオススメです。

また、ワサビや紫蘇などを一緒に食べる事により、薬味の相乗効果でよりマグロの中トロに近い味わいになるといわれています。

アボカドに醤油をつけて食べるというのは、意外かもしれませんね。

感覚としては、アボカドの刺身と食べるという感覚が良いかもしれません。

アボカドの中トロを味を試したいのに熟したアボカドが見つからない時

スーパーで売れているアボカドは、一般的に熟したアボカドは販売されていません。

アボカドが本当に中トロの味がどうか試したいのに残念。

日本の八百屋やスーパー、デパ地下等で熟したアボカドが入手できない理由は、熟したアボカドは腐りやすくて、購入した人からのクレームが発生する可能性がある為です。

もし熟したアボカドが美味しいということを知らなくて、クレームに繋がったらお店側からしたら嫌ですから。

そこで、おすすめなのが購入したアボカドを室温で置いておくことです。

アボカドが熟したどうかは、アボカドのお尻に当たる部分を軽く指で押して、柔らかければ熟した印。

購入してから時間はかかるものの、アボカドが熟せば本当に中トロの味がするかどうか試すことが出来ます。

もちろん、すぐにアボカドに醤油を付けたら中トロの味になるかどうかを試したい場合には、各スーパーを巡って、アボカドのお尻が柔らかいものを探すという方法もあります。

まとめ

アボカドが中トロになることを知れば、アボカドとマグロのタルタル丼がなぜ美味しいのか理解できますね。

ですが、本当にアボカドが中トロになるのかどうかは、アボカドそのものに醤油をつけて食べるべきですね。

醤油は刺身醤油がおすすめかも。

ぜひアボカドが本当に中トロの味になるのか試してくださいね。