モロヘイヤの毒はどこの部分に含まれているの?理由は?

モロヘイヤの毒は、成熟した種子(実が茶色く色づいた状態)・成熟中の種子(実がまだ緑色の状態)・さや・発芽して間もない若葉(新芽が出てから一定期間の若葉)に含まれています。

モロヘイヤに含まれる毒はストロファンチジンという強心効果のある毒で、この毒はモロヘイヤの成長ともになくなります。

ですので、私たちが食べている完熟した葉や茎には毒は含まれていません。

モロヘイヤは成長がとても速い植物昔から重宝されてきましたが一説によると成長が早くモロヘイヤ独特の効能が多いのはこのストロファンチジンという成分の作用によるのではないかといわれています。

スーパーのモロヘイヤと家庭菜園のモロヘイヤの違い

スーパーで販売されているモロヘイヤは完熟していて安全性が確認できたものしか流通されていないので毒はないです。

また、冷凍で販売されているモロヘイヤに関しても同じ事がいえます。

またモロヘイヤのお茶なども毒性がなく安全確認されていないと販売できないため食べても問題はないです。

家庭菜園のモロヘイヤは完全に安全といえるかというと少し難しいです。

理由としては、判別が難しく毒を口にしてしまう可能性は絶対にないかというと言いきれない部分があります。

モロヘイヤは気温が下がると花を咲かせるため、涼しいところや寒いところで栽培すると身をつける可能性があります。

栽培中にしらないうちに実がなり、葉と一緒に収穫してしまう可能性があり知らない間に食べてしまうかもしれない危険性があります。

また種蒔きのために購入した種や種をとった後のさやなどの取り扱いには十分注意が必要です。

子供やペットなどが誤って口にしてしまう危険性があります。

手の届かないところに置くなどの工夫が必要です。

モロヘイヤの毒の見分け方

基本的に、毒があるかどうかは部位によって分かれるので完熟後であれば茎や葉は安全だといえます。

安全かどうか、完熟しているか分からない場合はスーパーなどで販売されているモロヘイヤを購入した方が無難ですが、

家庭菜園で栽培した際は発芽間もない若葉を避けて収穫することでかなりのリスクは回避できます。

家庭菜園で栽培する場合は、花が咲き始めたら収穫を終了して下さい。

花が咲いた後はさやができ種子ができる為、開花後も収穫する場合は混ざって収穫してしまう危険性があります。

絶対にさやや種子を一緒に摘み取らないように細心の注意が必要です。

先に花を摘んでしまってさやや種子をつけなくするのも一つの手です。

また、新芽がでてから一定期間は毒素があるのでしっかりと育ったもの50cm~60cmくらい育ったくらいが安全に収穫できる目安となっています。

モロヘイヤの毒を食べるとどんな症状が出るの?致死量は?

モロヘイヤの毒には心臓の筋肉を収縮させる働きのあるストロファンチジンという強心配糖体を含んでいます。

配糖体とは、糖類とアルコールやフェタノールなどの水酸基を有する有機化合物が結合した化合物を指します。

これらは、植物にも多く存在し代表的なものに、サボニンやジキタリスなどがあります。

強心配糖体とは、心筋に作用するステロイド配糖体をさしますが、この強心配糖体も相当数数があり、特異な構造を有するものが数多く自然界には存在します。

通常では、薬として利用されます。

その作用は劇薬に相当するものですが、中毒症状を起こす量と薬効果を示す量との差が見分けにくく、基本的には致死性有毒成分を含む有毒植物に分類されます。

かつてアフリカではこのストロファンチジンと同成分の毒素を狩りや戦いの際の矢毒として使用したそうです。

この毒素が体内にはいると、起立不能、動機、息切れ、めまい、全身倦怠感、嘔吐、下痢、食欲不振、尿量の減少・むくみ、意識の低下、呼吸困難、ひどい場合は心不全を起こして死に至るといわれています。モロヘイヤの致死量はブタでは0.5g/kg(種子)で、一さやに種子が 約200個(0.7g)入っているそうです。

モロヘイヤの毒を食べて起きた事件

「モロヘイヤには猛毒がある」

そう言われ始めたのには、きっかけとなる事件がありました。

平成8年、長崎県でのことです。

家畜として飼っていた牛5頭に、実がついたモロヘイヤの枝を食べさせたところ、

食欲不振、起立不全、下痢などの症状があらわれ、そのうち3頭が死亡。

牛の心臓からは、強心作用のある「ストロファンジン」という毒が見つかったそうです。

そこで厚生省が分析を行ったところ、私たちが食用とする「収穫期を迎えた若葉と茎」からは検出されませんでした。

さらに詳しくいうと、葉や茎以外にも、根っこや花のつぼみからも見つかりませんでした。

一安心ですね。

しかし、新芽が出て収穫期を迎えるまでの

一定期間の若葉や、収穫期を越えて、完熟した種子や茎からは見つかったと報告しています。

思い描くモロヘイヤの姿に、種子なんてありませんよね。